山木工業ブログ > 特集 > 50年の軌跡(その4) 先見の明、港湾進出

50年の軌跡(その4) 先見の明、港湾進出

2014年7月11日


 仕事がないなら自分で作るしかない、という考えから、あまり人がやらない海の仕事を手がけることになった。当時の港湾工事は県の直営工事と大手に負う仕事に分かれていた。直営工事の、例えば岩盤の掘削による土砂の運搬などから手がけた。県が保有する『県有船』を建造する材料を納めていた関係もあって港湾の知識はある程度得ていた。他社と競合しない仕事、それが港湾に目を向けるポイントとなった。

 さらに、ヒマなときには自分の仕事をやればいいーという感覚から宅地造成部門に進出した。昭和44年の山木都市開発株式会社の設立に至る。

 海に進出した頃は、県有船をチャーターして仕事をしていたが、38年から39年にかけて5艘ほど自社保有船を建造した。この頃から地元業者も船を持つようになり、まもなく県有船の老朽化もあって港湾工事が県の直営から「請負制」に変わっていく。山木工業はしっかりとその波に乗った。建築、土木、港湾の3本柱が確立されていくことになる。

 昭和36年当時3,000万円だった完工高が、10年後の同46年に早くも目標の10億円台を実現した。そしてその4年後にはこれを倍増、20億円まで延ばした。このような急成長は、全完工高のおよそ5割を占める港湾工事に負うものだった。40年半ばごろから単年度で船をどんどん増やしていった結果、50年には大小合わせて20艘にも達していた。県の乗り組み員も随時採用するなど港湾工事の先駆者としての地位を不動のものとしていった。

 同業者の「山(木材)のものが海に入るのは危険だ」とする忠告を尻目に、勝負に出た新米建設業者の賭けは当たった。

 昭和51年には港湾工事で県の優良建設工事にも選ばれ知事から表彰を受けるまでになり、技術力も高い評価を得るようになる。

 そして昭和56年、いわき市平の谷川瀬に現在の社屋を新築して本社を移転、現在に至っている。

2014年7月11日

50年の軌跡(その4) 先見の明、港湾進出関連ページ

震災後の当社振り返りと今後の取組み(平成29年3月11日)
大震災後の当社は、復旧・復興工事に携わる中、お陰さまで様々な体験を通しながら、復旧と復興に貢献できたものと考えておりますが、各施工部の状況と当営業部からの視点で振り返ります。 小名浜工事事務所 津波の影響を受けて港湾・漁 […]
震災5年を経過して 復旧・復興の歩みを振り返る
 平成23年3月11日の東日本大震災から5年を経過しようとしております。その間に様々なことがありました。復旧はほぼ終わり、復興に進む中で考えることも多々ありましたので、この投稿を通じて大震災の復旧・復興のあゆみを振り返っ […]
震災5年目を迎えて山木工業の使命と新たな決意
 平成23年3月11日午後2時46分に各地に未曾有の被害をもたらした東日本大震災から、今年で5年目を迎えます。当地いわき市では1ヶ月後の4.11に大きな直下型の地震があり、むしろ3.11よりも揺れが大きかったような気がし […]
50年の軌跡(その3) 「山木は材木屋?」で決断
 日米安保条約が成立した昭和26年、山木屋材木店は株式会社に改組、山木林産工業と改め、志賀季三郎がそのまま代表取締役に就いた。  同29年、高久村は平市に合併され、村会議員は「市会議員」となる。自治法上の絡みもあって代表 […]
50年の軌跡(その2) 社運かけた豊間中学校
 この豊間中学校には山木工業の社運をかけたエピソードがある。同社は坪1万円で豊間町から工事を請け負った。朝鮮動乱のさ中で、上棟式をあげた直後に物価が急上昇し、よその業者が請け負った学校建築は坪2万円と倍額になった。今なら […]
50年の軌跡(その1) クイ木調達から起業
 平成3年に発行した弊社の会社案内『50年のあゆみ』から4回に分けて掲載します。  昭和16年、いわき市平下高久に開業した山木屋材木店が、現在の山木工業の前身である。太平洋戦争が開戦した歴史的な年でもあった。  米穀商の […]

トラックバックURL

http://www.yamakiind.jp/blog/540/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です