社長挨拶

 当社では、社訓である「誠実・責任・協調」をもとにお客様のニーズに応えることを経営方針に掲げ、顧客である発注者をはじめ協力会社、地域住民のみなさま、従業員等の全てのステークホルダーから評価、信頼される企業を目指しております。

 去る2011年3月11日の東日本大震災にあっては、当地いわき市も被災しましたが、その後力強く復旧を果たし、本当の復興に向かっているところです。大震災の記憶を薄れさせてならない、その教訓を活かし後世につないでいかなければいけないと、今でも決意を新たにしております。復旧から復興を果たしてきた流れの中で、建設業の大いなる存在意義を再認識することができました。こうした中で留意していかなければいけないのが、産業廃棄物などの法律を順守した扱いは当然ながら、環境に配慮した事業活動の徹底です。

 光栄にも、当社は福島県の環境配慮活動である「福島県議定書事業」において、2017年には栄えある「最優秀賞」を受賞いたしました。その前も連続で優秀賞をいただくことができました。これらの評価は、これまでISOで培ってきた環境マネジメントが着実に花開いたものと、大変名誉に感じております。

 この環境へ配慮した活動を維持しつつ、無事故、無災害の実現のために鋭意努力を続けながら、法令遵守については、幾分の油断をすること無く、きちんとした管理体制を確立させながら、運営をしてまいる所存です。

 当社は、今後も社会インフラを維持させ、地域生活の正常化、そしていざ災害時には先の教訓を活かして復旧・復興に当たれる体制を維持させ、全社一丸となって取り組んでまいります。今後もみなさまの生活が平穏かつ平和な状況が継続できることを祈念してやまないものです。

 当社ホームページを通じて、当社の社会貢献への取組みなどをご理解いただきますようお願い申し上げるとともに、今後も旧に倍する叱咤激励をお願いしましてご挨拶とさせていただきます。

山木工業株式会社の社訓    山木工業株式会社代表取締役志賀耕三郎

このページの先頭へ