安全への取り組み

 毎日の作業を安全且つスムーズに遂行し「無事故・無災害」にて工事竣功を得る為、社員・協力会社一丸となり災害防止に努めております。

安全第一

当社では、安全衛生に関する下記の基本事項の実施に取り組んでおります。

1.安全衛生管理計画の作成

  1. 現場に合致した安全衛生管理の基本方針・目標・災害防止対策の樹立を行う。
    (安全衛生委員会にて審査を行う)

2.過度の重層請負体系の禁止

  1. 請負人へ指導・教育及び作業間連絡調整が徹底出来るよう、請負体系の管理を行う。

3.関係請負人等の把握

  1. 請負人の把握を行う。(請負内容、安全衛生責任者、安全衛生推進者他)
  2. 現場従事労働者の把握を行う。(人員、取得資格)
  3. 現場へ持込む機械等の整備状況の把握を行う。(定期自主検査等)

4.作業手順書の作成

  1. 請負人に対し、事故・災害防止に配慮した手順書の作成を指導する。
    (労働者がその通り容易に作業出来るものとなるよう指導する)

5.協議会の設置・運営

  1. 元請け(現場代理人・係員・安全管理者他)及び請負人(職長・経営幹部・安全推進員他)で協議会を構成する。
  2. 毎月1回以上の開催をする。
  3. 会議の結果、重要な事項は朝礼等で作業員に周知する。

6.請負人と作業間の連絡調整の実施

  1. 重機及び機械等の作業計画樹立を行う。(車両系建設機械・移動式クレ-ンの作業計画)
  2. 各作業の方法及び具体的な災害防止対策の指示・確認を行う。

7.安全パトロールの実施

  1. 現場代理人による現場内パトロールの実施。
    (1日1回以上)
  2. 安全衛生室によるパトロールの実施。(随時)
  3. 安全衛生委員会によるパトロールの実施。(毎月1回)
  4. 経営者によるパトロールの実施。(任意)
  5. その他、各種パトロールの実施。
    (地域に於ける各協議会等のパトロール)安全衛生委員会パトロール状況
    安全衛生委員会パトロール状況

8.新規入場者教育の実施

  1. 請負人の新たに作業を行う作業員に対して、新規入場教育を確実に行う。
    (アンケート用紙記入により、必要な情報や適性を確認する)
  2. 未経験者の作業員には、講話教育の他、災害事例動画(ビデオ)による教育も行う。

9.安全施工サイクル活動の完全実施

  1. 安全施工サイクル活動を確実に行うと共に、請負人に対しても積極的に活動するよう指導する。

10.リスクアセスメントの完全実施

  1. 施工計画の段階に於いて、各工種の危険源の特定と具体的低減措置の立案を行う。
  2. 請負人については、毎日の作業開始前に当社様式の「危険予知活動表」により実施する。

11.各種講習会の開催、資格取得講習会受講の奨励

  1. 安全に対する知識の充実の為、各種の講習会を開催する。
    (熱中症に関する講習会、除染に関する講習会、環境保全に関する講習会他)
  2. 当社職員は、専門教育機関に於いて講習会を受講し、知識の充実と資格を得る。熱中症対策講習会状況
    熱中症対策講習会

12.安全設備・健康管理グッズ等の導入

  1. 家屋解体作業については、作業員へ電動ファン付マスクを譲与する。(作業員の疲労軽減)
    電動ファン付マスク配布状況
  2. 玉掛け者や潜水士と、起重機船クレ-ンオペレ-タ-が直接連絡が取れる様、ワイヤレスマイク設備の導入を行う。
    (リアルタイムな合図の明確化)
  3. 安全意識の高揚を目的とし、当社職員専用安全ベストの電動ファン付マスク配布状況製作を行い着用する。
    専門安全ベスト着用状況
  4. 安全ポスター、のぼり等の頒布により安全意識の高揚に努める。
  5. 健康管理の推進を図る為、本社及び各作業所に血圧計・血圧測定状況、体重計の常備を実施する。
    血圧測定状況
  6. 本社・作業所及び起重機船団へのAED配備を行い、工事関係者の人命緊急時に対応すると共に、「AED設置事業者」として地域配布ガイドブックに掲載し、広く一般の方々への活用にも対応しています。

このページの先頭へ