山木工業ブログ > 各種の表彰 > 特許取得(藻場ブロック設置方法)

特許取得(藻場ブロック設置方法)

2008年8月25日


平成20年4月25日に、「藻場造成用ブロックの設置方法」として、特許原簿に登録されました。

沿岸の植物群落のうち、岩礁に分布するものが藻場です。
藻場には様々な種類があり、海域の地形・水深・波浪条件・基質の違いにより、いろいろな海藻が生育します。

藻場には、豊かな生物相を維持する上での重要性も注目されてます。

環境への配慮としても、海藻の保護を通じた地球環境の保全、自然景観上も重要な事項として、鋭意取組んでまいりました。

 藻場の役割沿岸の藻場にはいろいろな役割があります。
水産上重要であることが古くから認識されていましたが、最近では、豊かな生物相を維持する上での重要性も注目されています。

 藻場造成工法従来、藻場造成は海藻の付着しそうな場所に石やブロックなどの付着基質を投入する方法が多く行われてきました。

山木工業では、海藻の分布する条件を海象のシミュレーション技術を応用して明らかにします。
場合によっては海の構造物自体を藻場にすることもできるのです。

 

特許証です。

 

Image

 

【発明名称】
藻場造成用ブロック

 

【技術分野】
本発明は、海岸近くの海中に設蹴して、海藻の繁殖を促遊する藻場造成用ブロックに関するものである。

 

【背景技術】
魚の繁殖に必要な海藻を入工的に繁殖させるために、コンクリートで形成された藻場造成用ブロックを海底の地盤に沈めて設置し、この表面に海藻を発生させることが行なわれている。
しかしながら従来の藻場造成用ブロックは海底に沈めて設置してあるため、砂の移動によりその表面が覆われて海藻が消滅してしまう問題があつた。
また従来の藻揚造成用ブロックは太陽光線が届く海面から4~5mの海底の地盤に平面的に並べて設置されているので、その設置揚所が限定される問題があった。
またブロック表面に海藻の着生を促進するために鉄を主材とする金属により基質面を形成し、これを型枠として、ここにコンクリートを流し込んで一体化した藻場造成用ブロックや、貝殻を主成分としてセメントで固めて表面に凹凸を形成した藻場造成用ブロックも開発されているが、何れも海底の地盤に沈めて設置されているので、その表面が次第に砂で覆われて海藻が消滅してしまう間題があった。

 

【発明が解決しようとする課題】
本発明は上記問題を改善し、海底の砂に埋まった場合にも、脚部を伸ばすことにより常に砂から露出した状態に保持することができると共に、海底の深い場所にも設置できる、魚礁としても有効な藻場造成用ブロックを提供するものである。

 

【課題を解決するための手段】
本発明の藻場造成用ブロックは、コンクリートブロックの表面こ、凹凸部を形成し、コンクリートブロックの上面から底面に向かって貫通する3本以上の鞘パイプを、その上部がブロック上面から突出するように貫通させ、この鞘パイプの内側にパイプで形成された脚部を上下動自在に貫通させ、鞘パイプの上部側に脚固定部を設けて、ここにブロック底面から所定の長さに突出した状態で脚部を固定するように形成したことを特徴とするものである。

 

【発明の効果】
本発明の藻場造成用ブロックによれば、海底の地盤に設置した藻場造成用ブロックの側面が砂に埋まり始めた時に、藻場造成用ブロックの脚部を下方に伸ばして砂層より高く調整して、藻場造成用ブロックを砂の上に露出させておけるので海藻の繁殖を維持することができる。
また脚部の伸出作業も、藻場造成用ブロックをクレーンで海面に引き上げてできるので、作業も短時間で完了することができる。
また脚部を長く伸ばせぱ水深の深い場所にも、藻場造成用ブロックを海面から4~5m程度に位置させることができるので、従来設置が不可能であった水深の深い場所にも設置して、栽培面積を拡大することができる。

2008年8月25日

特許取得(藻場ブロック設置方法)関連ページ

福島議定書☆「入賞」表彰(平成29年2月)
 地球温暖化防止のための「福島議定書」28年度結果報告書により、審査を受けた結果、事業所版(運輸・設備業等)部門にて、☆「入賞」に選定され、福島県知事により、平成29年2月9日(木)に表彰されました。 おかげさまで6年連 […]
平成28年度磐城国道事務所長災害対策功労者表彰
 東北地方整備局磐城国道事務所長より弊社が平成27年度の防災活動に“協力・支援し顕著な功績”があったとして、災害対策功労者として表彰して頂きました。(平成28年8月29日)  受賞理由は、平成28年1月国道49号線低気圧 […]
2016年いわき花火大会のボランティア活動
 平成28年8月6日(土)にアクアマリンパークで開催されたいわき花火大会では、弊社のCSRに係わるボランティア活動の一環として、昨年に引き続き弊社保有クレーン船『第三波久登(はくと)』による花火資材の運搬支援を実施致しま […]
平成28年度港湾功労者表彰(平成28年5月26日)
 2016年5月26日に、愛媛県松山市道後町で開催された公益社団法人日本港湾協会の平成28年度定時総会・表彰式において、弊社の坂本相談役が港湾功労者として表彰状を授与しました。  坂本相談役は、様々な指導・助言にて会社に […]
福島議定書☆「優秀賞」表彰(平成28年2月8日)
地球温暖化防止のための「福島議定書」27年度結果報告書により、審査を受けた結果、事業所版(運輸・設備業等)部門にて、5年連続☆「優秀賞」に選定され、福島県知事により、平成28年2月8日(月)福島市杉妻会館にて表彰されまし […]
平成27年度磐城国道事務所長災害対策功労者表彰
 東北地方整備局磐城国道事務所長より弊社が平成26年度の防災活動に“協力・支援し顕著な功績”があったとして、災害対策功労者として表彰して頂きました。(平成27年8月28日)  受賞理由は、27年1月の南岸低気圧に伴う除雪 […]
平成27年度東北地方整備局磐城国道事務所長表彰
 国土交通省東北地方整備局磐城国道事務所より弊社が平成26年度に施工した「いわき地区49号維持補修工事」を優良工事として表彰して頂きました。(平成27年7月22日)   【東北地方整備局磐城国道事務所長表彰式の様子】   […]
福島議定書☆「優秀賞」表彰(27年2月)
 地球温暖化防止のための「福島議定書」26年度結果報告書により、審査を受けた結果、事業所版(運輸・設備業等)部門にて、4年連続☆「優秀賞」に選定され、福島県知事により、平成27年2月9日(月)福島市杉妻会館にて表彰されま […]
福島議定書☆「優秀賞」表彰(26年2月)
当社が、地球温暖化防止のための「福島議定書」25年度結果報告書により、審査を行った結果、事業所版(運輸・設備業等)部門の3年連続☆「優秀賞」に選定された。 福島県知事により、平成26年2月12日福島市杉妻会館にて表彰され […]
感謝状(平成25年11月)
平成25年11月15日いわき花火大会実行委員会より、第60回「いわき花火大会」に際しまして資材運搬など事前準備から撤収に至るまで多大な尽力をしたという事により、感謝状を頂ました。

トラックバックURL

http://www.yamakiind.jp/blog/78/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です